logo
Home

レ ミゼラブル 映画

『レ・ミゼラブル〈年〉』は年の映画。『レ・ミゼラブル〈年〉』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール. See full list on wispyon. 監督:トム・フーパ― 主演:ヒュー・ジャックマン(ジャン・バルジャン) その他出演:ラッセル・クロウ(ジャベール) アン・ハサウェイ(ファンティーヌ) エディ・レッドメイン(マリウス・ポンメルシー) アマンダ・セイフライド(コゼット) サマンサ・パークス(エポニーヌ) サシャ・バロン・コーエン(テナルディエ) ヘレナ・ボナム=カーター(テナルディエ夫人) アーロン・トヴェイト(アンジョルラス). レ・ミゼラブルのラストシーンネタバレが嫌なひとは見ないでください。 映画のレ・ミゼラブルを見ました。質問は二点あります。・小説のラストシーンはどうだったでしょうか。昔読んだのですが、ジャンバルジャンの最後は人のために生き続けたのにも関わらずコゼットにも看取られず. レ・ミゼラブル()の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。ビクトル・ユーゴーの同名小説を原作に、世界43カ国で上演さ.

レ・ミゼラブル スパイク・リーも絶賛! カンヌ国際映画祭審査員賞受賞、アカデミー賞国際長編映画賞フランス代表 新鋭ラジ・リ監督による衝撃のフランス映画「レ・ミゼラブル」が、 年2月28日(金)より公開!. ラジ・リ監督による、パリ郊外の街を舞台にした、ギャングと警察によるクライムドラマ。年アカデミー賞国際長編映画賞のノミネート作品です。 人種、宗教などで分断されたスラム街で生きる人々に焦点を当て、それぞれのギャングたちの力関係によって成り立っている社会を警官の目線で追っていく物語で、リアリティーと迫力に満ちた内容に仕上がっていました。 いわゆるフランス映画風のスローな展開とは違って、要所要所にアクションを盛り込んでいるため、テンポがいいので、欧州映画が苦手な人でも見れるはずです。 複数のギャングやギャングの予備軍ともいえる不良の子供たちが共存するモンフェルメイユの風景は、普段世界に発信されるフランスの風景とは全く違います。 一見、日本の団地のような集合住宅に見えるものの、中に入っていくとそこには不法移民、売春婦、泥棒、ギャング、そして普通の家族たちが入り乱れるカオスな場所になっていました。 そんな場所の治安を取りまとめるのが三人の若い警官たちで、彼らは警官というだけでなく、ギャングのリーダーたちとも面識があり、普段からそれぞれのグループとコミュニケーションを交わし、トラブル処理の橋渡し役としても機能しています。 ギャングのリーダーたちは建前上、平和的に警察と交渉をしたり、話し合いの場を持ったりしますが、心の底では憎しみを持っていて、またいつか報復してやろうといった復讐心も垣間見えます。 警察に対する彼らの怒りはどこか社会に対する怒りとも解釈できそうです。移民ということで差別を受け、社会の外に日々追いやられていく中で、いつ爆発してもおかしくないような感情を胸の内に秘めている者も少なくないでしょう。 そんなモンフェルメイユの人々の不満や怒りを前半で紹介しつつ、ラストで一揆に火山が噴火するかのように暴動を起こす、というのがストーリーの流れになっていました。 ある意味それは小説「レ・ミゼラブル」が描く、フランスの歴史で度々起こってきた革命や暴動に重なるものがありますね。 ただ、予告動画を見る限りではゴリゴリのギャング抗争の話になるのかと思いましたが一味も二味も違っていましたね。特にラストの暴動シーンは意外性に満ちていました。 というのも怒りを爆発させたのがギャングたちではなく、彼らに下にいた子供たちだったからです。 一方でもうちょっと規模の大きい暴動や抗争を期待. 日本社会の風刺 ◆『天地明察』映画感想と簡単なあらすじ。目標達成のための6つのルールと夫婦愛 ゆめぴょんでした。ちゃおっ! 参考:レ・ミゼラブル(年)あらすじ/評価76点/ネタバレなし/予告動画. ガヴローシュがジャヴェールを見抜き、死後に勲章を与えられたシーン 10. ジャン・バルジャンは、パンを盗んだ罪で19年間監獄で生きた後、仮出獄するが、誰にも相手にされず、生活苦に陥る。 そんな中、司教に救われるが、バルジャンはそこでまた盗みをしてしまう。 しかし、その罪を見逃した司教の愛に感心した彼は生まれ変わろうと決意。 過去を捨て、工場主となって成功し、マドレーヌ市長となるまでの人物になった。 一方、バルジャンの工場で働いていた女性ファンティーヌと出会い、彼女の愛娘コゼットを託されたバルジャンは、コゼットを愛し共に生きていくことになるが. レ ミゼラブル 映画 映画「レ・ミゼラブル」は年2月28日公開です。 自宅やスマホで映画を見る際にあなたは何で見ていますか? もし違法動画サイトを使っているのであれば今すぐに こちら レ ミゼラブル 映画 の記事を見てください!.

All Rights Reserved. 普通のサスペンスタッチの映画として見てみたかった 2. 映画『レ・ミゼラブル』のストーリー たった1本のパンを盗んだ罪で、19年間もの間投獄されていたジャン・バルジャン。 彼は仮釈放されたものの、犯罪者への風当たりは強く、寝る場所さえ見つけることができません。. コゼットの心情をもう少し表現してほしかった 4. レ・ミゼラブル () フランスの詩人・小説家であるヴィクトル・ユーゴーの同名小説を原作とするブロードウェイの有名ミュージカルを完全映画化するという触れ込みで制作された、年の大ヒット ミュージカル映画 。�. パンを盗んだ罪で19年間服役したジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、仮出獄中に再び盗みを働くが、その罪を見逃してくれた司教の優しさに触れたことで改心を決意しました。 身も心も入れ替えた彼はその後、過去と名前を捨て、皆に頼られ愛される市長となりました。 やがて娼婦として養育費を稼ぐ女性ファンティーヌ(アン・ハサウェイ)と出会い、彼女が亡くなる際に愛娘コゼットを託されたバルジャンは、仮出獄後も自分を執念深く追う警部ジャベール(ラッセル・クロウ)の追跡をかわしつつ、コゼットを引き連れてパリへと逃亡します。 月日は流れ、バルジャンは美しく育ったコゼット(アマンダ・セイフライド)とともに穏やかに暮らしていました。しかし、彼女が恋した青年マリウス(エディ・レッドメイン)は、疲弊したパリを変えたいと革命を志す学生でした。 やがてマリウスたちは蜂起し、誰もが19世紀フランスの激動の渦へと呑みこまれていきます.

そんな時代に屈服することなく必死に生き、自分にとっての愛と正義を追い求め続ける彼らの姿に、誰もが思わず感涙することは間違いありません。 まだ観ていない人はもちろん、もう観たという人も何回でもこの感動を味わってくださいね。. どんな作品でも名作でも残念な点はあります。ただそれらを超えるだけの良い点があるから、高評価されるのだと思っています。 1. See full list on cinemarche. ミュージカル映画であるレミゼラブルには、名曲が次々と出てきます。かつ全てのセリフが歌になっていますよね。実力ある俳優さん達が歌い上げる曲を一気に紹介していきます。 目次 1 レミゼラブル歌一覧。映画に出てきた曲順2 Look Down(囚人. 「レ・ミゼラブル」の舞台となった街で繰り返される悲劇の連鎖を描いた衝撃作。 パリ郊外のモンフェルメイユは、移民や低所得者が多く住む危険な犯罪地域と化していた。. エポニーヌがマリウスとコゼットを合わせるシーン 8.

人物 4 レ・ミゼラブル コゼット 俳優:アマンダ・サイフリッド コゼットは、ファンティーヌの娘である、映画「レ・ミゼラブル」の登場人物。テナルディエ夫婦の元に里親に出されており、夫婦が経営する売春宿の掃除などを手伝わされている。. 映画『レ・ミゼラブル』予告編 年12月21日(金)全国公開文豪ヴィクトル・ユーゴーの小説を基に、世界各国でロングラン上演されてきた. ミュージカル映画の中でも特に人気があり、レ・ミゼラブルは結末以外にも感動的なシーンが. 愛、革命、尊厳、希望、自由、勇気など多くのテーマで描く壮大なストーリーの『レ・ミゼラブル』。 ストーリーだけでなく、豪華なセットや音楽も魅力的になっています。 特に出演者の圧倒的な歌唱力は本当に素晴らしかった! 私は本作を観るまでは、ミュージカル映画を観なかったのですが、本作をきっかけにミュージカル映画をよく観るようになりました。 ミュージカル、人間ドラマとしても最高だった『レ・ミゼラブル』。 泣ける映画として、お気に入りのひとつになるはずです! ヴィクトル・ユーゴーの小説版もおすすめ!. バルジャンがマリウスに全てを打ち明けてコゼットから離れたシーン 13. 見る前は「暗い話なので元気のある時に見よう!」と思っていましたが、元気のない時にこそ見る価値のある映画だと思いました。小悪党はいるけど、本物の悪党はいないし、ハートフルな気持ちで終われるのもいいですね。 同じように、読後感というか視聴後感の良かった映画を2つだけ紹介しておきます。 ◆『桐島、部活やめるってよ』映画感想やあらすじ!

映画「レ・ミゼラブル()」は、u-nextやtsutaya tvで無料視聴が可能です! さらに、他にも映画やドラマが見放題!特にu-nextは見放題対象の作品数が多く、 映画は現在、約10,000本が見放題で配信中 です!. ここでは年に公開された 映画版『レ・ミゼラブル』と小説の違いについて解説します。 映画版『レ・ミゼラブル』()はミュージカル化されたものを映画化していますが、そこまでの違いはありません。 ただ、細かなエピソードが変えられていたり、登場人物の個々のエピソードなどはだいぶカットされています。 あれだけの長い物語を映画やミュージカルの尺に収めようとすると、やはりカットしなければ収まり切らないでしょうね。 もし、カットしなかったら1日かかってしまうのではないかと。 必要なところをピックアップしたという感じですが、決して内容が薄っぺらくなったとかつまらないといったことはありません。 面白いし、『レ・ミゼラブル』の世界観を十分味わうことができます。. 映画「レ・ミゼラブル」の登場人物のほとんどが、多少救いがある人もいますが悲惨な結末を迎えます。 痛々しくて、どこまでも悲しい。 でも、みんなもがき必死に希望の光を見出そうと生きました。. 『レ・ミゼラブル あゝ無情 第二部 愛と自由の旗』(1950年 日本) マキノ雅弘監督、早川雪洲主演 『 レ・ミゼラブル (1952年の映画) (英語版) 』(1952年 アメリカ)ルイス・マイルストン監督、マイケル・レニー主演. 『レ・ミゼラブル』(原題: Les Misérables)は、年12月21日公開の、イギリス・アメリカ合作のミュージカル映画。 ヴィクトル・ユゴーの同名小説を原作として1980年代にロンドンで上演され、以後、ブロードウェイを含む世界各地でロングランされていた同名のミュージカルの映画化作品である。. 逃亡劇や、コゼットとバルジャンの2人生活をもっと見たかった 3. パンを盗んだ罪などで19年間も服役していた男、ジャン・バルジャンは食事を与えてもらった教会で、銀の食器を盗み警察に捕まります。しかし司教は「食器は私が与えたもの」と言ってかばった上に2つの銀の燭台まで与えます。 その好意によってはじめて「愛」に触れたジャン・バルジャンは、会心して4年後には市長にまでなります。彼の工場で働いていた女性ファンティーヌはちょっとしたことで工場を追い出され、売春婦にまで転落します。 そして小競り合いで警官ジャヴェールに逮捕されるところを、ジャン・バルジャンに助けられます。しかし娘のコゼットのことを心配しながら死んでしまいます。ジャヴェールはバルジャンの素性をあばきます。 ジャン・バルジャンはコゼットを取り戻すことに成功して、素性を隠しながら一緒に生活します。コゼットによって「愛」に満たされることを知ります。やがて美しく成長したコゼットはマリウスと恋に落ちます。 マリウスを好きなエポニーヌは、かつてコゼットを働かせていたテナルディエ夫婦の娘です。しかし彼女はマリウスの手助けをします。マリウスは仲間たちと市民蜂起を企てますが失敗に終わり、エポニーヌや仲間は次々と殺されてしまいます。 マリウスを救うため潜入していたジャン・バルジャンは、宿敵ジャヴェールを助けます。そして負傷したマリウスをかついで下水道へ逃げます。途中でジャヴェールに見つかったけど逃してもらえます。その後悩んだジャヴェールは投身自殺します。 バルジャンの救出によって命が助かったマリウスは、コゼットと結婚します。マリウスに素性を明かしたバルジャンはコゼットから離れます。しばらくして、2人とファンティーヌ、司教に見守られながらバルジャンはその生涯を閉じます。.

ジャン・バルジャンが馬車の下敷きになった男性を助けるシーン 4. 冒頭の服役中に大人数で労働するシーン 2. レ・ミゼラブル()の映画情報。評価レビュー 6558件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:ヒュー・ジャックマン 他。 文豪ヴィクトル・ユーゴーの小説を基に、世界各国でロングラン上演されてきたミュージカルを映画化。『英国王のスピーチ』でオスカーを受賞したトム. レ・ミゼラブル 映画パンフレットより一部引用しました。 フランスでは年11月20日公開後、初日観客動員数が7万人を超え、週末興行収入ランキングは『アナと雪の女王2』に次いで第2位になる大ヒットスタートを飾りました。. ジャン・バルジャンが宿敵ジャヴェールを助け、下水道で助けられたシーン 11. 『レ・ミゼラブル』()のレビューを紹介します。 レビューサイトでのレビューをいくつかまとめると、 などの「泣ける。感動する」という絶賛の評価が多数! 低評価なレビューとしては「長すぎる。歌が多い」という声がありました。 セリフがなく、全編を通して歌うとなると、やはり受け付けない人も出てきてしまうようです。 3つの映画レビューサイトの平均点数は5点満点中4. See full list on tadamonkugaiitakute.

映画『レ・ミゼラブル』は年公開、イギリスのミュージカル大作映画。 文豪ヴィクトル・ユーゴーが執筆した小説を元に世界各国でロングラン上演されてきたミュージカル劇を、アカデミー受賞の経歴を持つトム・フーパー監督が "人を許すこと" をテーマに映画化しました。. 『レ・ミゼラブル』()は魅力的で壮大な楽曲に彩られました。 アン・ハサウェイが歌う『夢やぶれて』も素晴らしいですが、なかでも聞いていただきたいのは『民衆の歌』。 自由を歌うかのような大合唱は壮大で聞いていると勇気や希望がわいてきます。 ラストで流れる『民衆の歌』は本当に感動的で泣ける。 ぜひ聞いてみてください。. (C) UNIVERSAL STUDIOS. 今さら言うまでもないけどテーマは「愛」です。みんな自分のことで精一杯で「愛」の大切さに気づきません。そして気づいた人は幸せになり、気づけなかった人や愛に見放された人は幸せになる前に死んでしまいます。 一生を通して幸せだった人はいませんが、最も「愛」に恵まれていたのはコゼットだと思います。幼少期につらい思いをしたけど、その時でさえファンティーヌという母親の愛を受けていました。 最も悲しい運命だったのは、誰にも愛されなかった(でも自由はあった)ガブローシュや、一生悩み続けたジャヴェールだったような気がします。 エポニーヌもかわいそうだけど、幼少期は母親に愛されたし、マリウスのことを影ながら愛していて協力するなど、本人的にはとても満足できた人生を送れたような気もします。私はコゼットよりも共感を持てました。 逆にあまり共感を持てなかったのはマリウス。エポニーヌの気持ちを利用したり、バルジャンへの仕打ちはともかく、蜂起でもあまり役に立たず、仲間が死んだ後は金持ちの実家へ戻ってコゼットとの結婚生活って。 マリウスの一生って何がしたいのかさっぱり分かりません。欲望に忠実に生きているけど、結局は周りの助けがないと成長できない、それでいて美味しいところは全てかっさらっていく、RPGでいうと勇者みたいな存在です。 幼少期のコゼットが預けられていた宿屋の夫婦も出番は多いけど私は退屈でした。特に宿屋の歌とか必要ですか?でもいろいろ重要な役どころを果たすんですよね。「愛」と対局の部分を表現するための小悪党を演じたのでしょうか。 ジャン・バルジャンは途中から神がかってきます。19年間も服役して人間不信におちいった彼を、あそこまで改心させた司教がこの物語の最強の「神」ですね。 最後まで「愛」に翻弄された人々ですが、本当は「時代」に翻弄されていたのだと思います。そんな「時代」に1つの「愛」にたどり着けたコゼットとマリウスは、多くの犠牲者たちに感謝すべきなのかもしれません。.

他にもありますが、これを書いている時に思いついたシーンだけを挙げてみます。 1. 『レ・ミゼラブル』()は最高のキャスティングでした。 原作を読んでから観てみると分かるのですが、どの登場人物もハマり役で小説の中の登場人物がそのまま出てきたかのような感じです。 『レ・ミゼラブル』の世界そのまま。 俳優の役作りも素晴らしかったです。 まず、ジャン・バルジャン役のヒュー・ジャックマン。 一番彼の役作りのすごさを感じたのが囚人時代のジャン・バルジャンです。 囚人のやつれた感じや世の中を憎むような顔つきなど、紳士的なマドレーヌ時代のジャン・バルジャンとはまるで別人。 よくここまで変われるなとハリウッド俳優のレベルの高さをひしひしと感じました。 他にも厳格な警部のジャベール、美しいファンティーヌとコゼット、革命に生きるマリウス、悪者のテナルディエ夫妻など演じた俳優陣。 素晴らしいキャラクターをつくりあげたキャストでした!. 『レ・ミゼラブル』 ()はセリフの全てが歌というミュージカル映画になっています。. レ ミゼラブル 映画 本作はセリフがほぼなく、歌となっており、吹き替えがありません。 95%以上が歌であり、全て英語。 しかし、その歌こそが『レ・ミゼラブル』()の魅力であり、大きな見どころとなっているので、ミュージカルが苦手な人には敬遠されそうですが、苦手な人にもぜひ観ていただきたい! それくらい面白い映画になっているし、出演者の歌唱力が素晴らしいからです。 もう圧倒的といっていいほどであり、惚れ惚れすること間違いないですね。 特にファンティーヌ役のアン・ハサウェイは圧巻! 彼女の演技力と歌唱力は群を抜いており、本作でアカデミー賞、ゴールデングローブ賞で助演女優賞を獲っただけのことはあります。 アン・ハサウェイが歌う『夢やぶれて』に注目。 もちろんアン・ハサウェイだけでなく、出演者全員の歌声をお楽しみください!. レ ミゼラブル 映画 1と高評価。 個人的には4. フランス、パリでは国民がワールドカップ決勝戦の観戦のために外で集まっていた。見事優勝を果たしたチームは、国民を歓喜の渦に巻き込んでいた。 国民と一言でいってもフランスには多くの人種、文化、宗教が存在し、地域によって根強い格差社会の問題が広がっていた。 ヴィクトル・ユゴーの小説「レ・ミゼラブル」の舞台にもなったパリの郊外の街モンフェルメイユはそんな状況を象徴するような場所だった。 ある日、警官のステファン・ルイスはモンフェルメイユの犯罪防止班に加わった。彼は上司のクリス、同僚のグワダと共に治安の悪い地域のパトロールに当たる。 そこでは複数のギャングたちがお互いを警戒している緊張状態にあった。ある日、ジプシーのサーカスのリーダーであるゾロがライオンの子供を盗まれたといって仲間を引き連れ、「市長」の呼び名で知られるスラムの黒人リーダーを問い詰めにやってきた。 ライオンを盗んだのは黒人の男だったといって今にも乱闘になる勢いだった。そこに警官のクリスをはじめ、ステファン・ルイス、グワダの三人が割って入っていく。 殺し合いにも発展しそうな緊張状態を見て、グワダ、ステファン・ルイス、グワダの三人はライオンの子供を探すことにする。 すると、ライオンはイッサという名の少年が盗んだことが発覚する。警察は事件がギャング同士の抗争の引き金とならないようにイッサを捕まえて事を穏便に処理しようとするものの、イッサを逮捕しようとしたところ不良少年たちに反撃を受けてしまい、事件は思わぬ方向へと進んでいく。. 。.

トム・フーパー監督、映画『レ・ミゼラブル』の感想、考察です。年公開。ゴールデングローブ賞、アカデミー賞等を受賞、ノミネート 。上映時間158分。ミュージカル嫌いの食わず嫌いな方へもおすすめです。この映画のテーマである愛について考察しました。. ジャン・バルジャンが悩んだ末に素性を明かすシーン 6. ジャン・バルジャンとコゼットが出会うシーン 7. 160分という長尺があっという間に感じてしまうほど、一瞬で物語の世界に引き込まれてしまう作品です。 また、物語の舞台は、原作小説と同じく19世紀のフランス。1789年のフランス革命によって王政は廃止されたものの、独裁政治の台頭や隣国との戦争によってこれまでより貧しい生活を送るようになった市民も少なくはないと言われています。 その後、ナポレオンの失脚によって王政が復活し、七月革命や二月革命が発生したまさに激動の時代を生きたのが本作の登場人物たちで、マリウスたちが起こした暴動はフランス労働者による六月蜂起がモデルとされています。 (C) UNIVERSAL STUDIOS. レ ミゼラブル 映画 『レ・ミゼラブル』は年の映画。『レ・ミゼラブル』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや.

レ ミゼラブル 映画 【公開】 年(イギリス映画) 【原題】 Les Miserables 【原作】 ビクトル・ユーゴー『レ・ミゼラブル』(1862) 【監督】 トム・フーバー 【キャスト】 ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、エディ・レッドメイン、サマンサ・バークス、イザベル・アレン、ダニエル・ハトルストーン 【作品概要】 「わが身を捧げて守る人がいる。誰もが三度涙した」の言葉のとおり、自分にとっての「守る人」のために、時代という激動の渦に呑まれながらも愛を貫き全力で生きた人々を描いた作品です。 長年世代を超えて愛されてきた小説をもとに世界各国で上演されてきた舞台ミュージカルを、アカデミー賞受賞の経験を持つトム・フーバー監督が映画化しました。 第85回アカデミー賞・3部門(助演女優賞:アン・ハサウェイ、メイクアップ賞、録音賞)、第70回ゴールデングローブ賞・最多3部門(主演男優賞:ヒュー・ジャックマン、作品賞、助演女優賞:アン・ハサウェイ)、第66回英国アカデミー賞・最多4部門を受賞という輝かしい受賞歴を誇り、より一層話題になりました。. 『レ・ミゼラブル』が好きな人にぜひ見てほしい映画10選 出典 : www. 司教がバルジャンに銀の燭台を与えて「愛」に目覚めさせるシーン 3. 民衆蜂起するシーン 9. 年に公開された『レ・ミゼラブル』はアメリカ・イギリス合作のミュージカル映画。 年の映画版はヴィクトル・ユーゴーの傑作小説『レ・ミゼラブル』をベースにしたミュージカルをさらに映画化したものとなっています。. エポニーヌがマリウスの身代わりになって思いを告げたシーン 12.

More レ レ ミゼラブル 映画 ミゼラブル 映画 videos. タイトル:レ・ミゼラブル/Les Misérables 公開年: 上映時間:158分 ジャンル:ミュージカル. ファンティーヌが売春宿で歌うシーン 5. See full list on book-forever. 愛、革命、尊厳、希望、自由、勇気など多くのテーマで描かれた『レ・ミゼラブル』()。 本作の結末では感動の波が押し寄せ、泣けます。 多くのテーマで描かれた本作ですが、一番大きなテーマは“愛”です。 愛は与えられるものではなく、与えるもの。 それを強く感じる映画になっていました。 ジャン・バルジャンはコゼットを大いに愛し育て上げ、成長したコゼットはマリウスと出会って彼を愛し、そしてマリウスも彼女を愛した。 そんな愛し合う2人に看取られながらバルジャンは波乱万丈な生涯を終えます。 愛に生きる人生ほど素晴らしいものはない。 感動しながらそう思いました。 愛することは人間の根源的なものではありますが、それこそが人間として必要なことであり、大切なものなのではないでしょうか。 大切な人を心から愛し、生きていきたいものです。. jp 19世紀のフランスを舞台に、1個のパンを盗んだために波瀾万丈の運命を歩む主人公、ジャン・バルジャンを描いた不朽の名作『レ・ミゼラブル』。. 「レ・ミゼラブル」ミュージカルの醍醐味とは歌の力なのだ、と思い知る力作 1985年にロンドンのウエストエンド、その後ニューヨークのブロードウェイでロングランヒットした名作ミュージカルの映画化として、堂々とした風格を備えている。. 。.